フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

2019年6月18日

メルマガVol.1090、 「JA阿新」

メルマガVol.1090、 JA阿新」           

 

岡山県のJA阿新さん。

僕も以前から、直接・間接いろんなご縁を頂戴してきました。

営農を中心に、前向きに事業展開をされている、素晴らしいJAさんです。

続きはメルマガにて。

2019年6月16日

メルマガVol.1089、「伊豆海サバ」

メルマガVol.1089、「伊豆海サバ」           

 

日本の一次産業が、大きな曲がり角を迎えている。

農業も林業も漁業も。

いずれも、もっともっと頑張らなければ、それぞれの産業はもとより、地方は経済的にも環境的にも崩壊してしまう。

続きはメルマガにて。

 

2019年6月15日

「さらば!サラリーマン 脱サラ40人の成功例」(溝口敦著、文芸春秋)

「さらば!サラリーマン 脱サラ40人の成功例」(溝口敦著、文芸春秋)

このような本が出ました。

10年以上前に受けた、僕のインタビュー記事も、掲載されています。

いま見ると、少々恥ずかしい内容なのですが。

 

メルマガVol.1088、「花き」

メルマガVol.1088、「花き」           

 

昨日、花き業界の第一人者の方に、お話を伺う機会をいただきました。

とても素晴らしい内容で、感激をいたしました。

花き業界には、ネガティブ(否定的)な情報や意見が、多く飛び交っていますが。
しかし、かなりの誤解や断片的な情報が、独り歩きしているようです。

 

続きはメルマガにて。

2019年6月13日

メルマガVol.1087、 「近況」

メルマガVol.1087、 「近況」          

 

お陰様で、日々とてもエキサイティングな状況が続いています。

時代の変わり目とは、そのようなものだと思います。

いまを、時代の変わり目と認識し、挑戦するのか。

はたまた、そんなことを感じることなく、これまでの延長で生きていくのか。

大きな分かれ目に差し掛かっています。

この6月も、月末まで緊張を切らさないように、精いっぱい頑張ります。

 

続きはメルマガにて。

 

 

メルマガVol.1086、「イチゴ」

メルマガVol.1086、「イチゴ」

         

イチゴは、多くの消費者に好かれる、非常に良い作物だと思います。

僕自身も、大好きな作物のひとつです。

もちろん、栽培にはそれなりの技術や、それなりの手間がかかります。

ハダニなど病害虫問題も、以前よりも深刻になっています。

それでも、苦労に見合った収入の可能性もあります。

続きはメルマガにて。

 

2019年6月12日

メルマガVol.1085、「2050年問題」

メルマガVol.1085、2050年問題」            

魚の2048年問題に続いて。

コーヒーの2050年問題についても記載します。

農業仲間からの、提案があったものですから。

続きはメルマガにて。

 

メルマガVol.1084、「2048年問題」

メルマガVol.1084、「2048年問題」           

 

今日は、魚の専門家にお話を伺っていました。

「2048年問題」、いま世界では大きな話題になっているそうです。
恥ずかしながら、僕は勉強不足で、認識していませんでした。

続きはメルマガにて。

 

 

メルマガVol.1083、「国内農業縮小」

メルマガVol.1083、「国内農業縮小」

連日、各メディアに、農業関連記事が取り上げられています。
昨日の農水省の発表によると。
2019年産の温州ミカン適正生産出荷見通しは78万t。
最低水準だった前年より、更に6万tも減少すると。
リンゴの適正生産出荷見通しは80万tで、前年比1万t減。

続きはメルマガにて。

 

2019年6月10日

メルマガVol.1082、「農業のハイテク化」

メルマガVol.1082、「農業のハイテク化」           

いつもメディアの皆さんには、大変お世話になっています。

僕ごときの意見に、耳を貸してくださり、とても感謝しております。

サンケイ新聞さん「フジサンケイビジネスアイ」。

その中のコラム「論風」にも、これまで何度も掲載していただいております。

次回は7月初旬です。

続きはメルマガにて。

«メルマガVol.1081、「中国」