フォト
2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

2021年4月17日

メルマガVol.1642、「トロピカルフルーツ類」

また、ややこしい日々が続いています。

とにかく、コロナなんかに負けてはいられません。

今を乗り切るだけではなく。

未来に向かって、持続可能なビジネスモデルを構築しなければなりません。

そのためには、新しいチャレンジが不可欠です。

もはや過去の延長では、多くのビジネスの未来は明るくはありません。

続きはメルマガにて。

メルマガVol.1641、「市場動向」

改善に向かいかけたかに見えたコロナ禍が、また難しい状況に逆戻りです。

多くの方々が困っていることでしょう。

僕自身もそうです。

続きはメルマガにて。

2021年4月14日

メルマガVol.1640、「お茶」

お茶業界の動向に関して、最近よく報道を目にします。

静岡と鹿児島で、首位と2位が入れ替わったと。

僕自身は静岡も鹿児島も、ご縁が深いところです。

どちらが一番かというよりも、お茶業界全体が縮小傾向にあることに危惧を覚えます。

続きはメルマガにて。

2021年4月13日

メルマガVol.1639、「熱」

風邪やインフルエンザなどで高熱がでるのは、身体が熱を上げてウイルスと戦ってくれているからです。

ビニールハウスでは、収穫が終わると、ハウスを閉め切って、太陽光の熱で土壌消毒をします。

続きはメルマガにて。

 

2021年4月12日

メルマガVol.1638、「胡椒と山椒」

胡椒(こしょう)と山椒(さんしょう)は、なんとなく似ている感じがしますが。

漢字の表現も、スパイシーな味も。

しかし実際には、似て非なるものです。

因みに、「椒」を訓読みすると、「かぐわ(しい)」と読むそうです。

続きはメルマガにて。

2021年4月11日

メルマガVol.1637、「ようやく東京」

5日間連続の出張を終えて、今日はようやく東京にて、事務に集中しています。

仕事には、営業活動も大事ですが、事務も不可欠です。

営業をすればするほど、事務も増えていきます。

続きはメルマガにて。

2021年4月 9日

メルマガVol.1636、「挑戦」

この3日間、九州各地をまわっておりました。

業界をリードする、匠の、農業者や水産事業者と、数多くお会いしてきました。

それぞれの方々の、哲学や努力や歴史を学ぶことができ、大変感動いたしました。

やはり、日本の一次産業は素晴らしい人材の宝庫です。

続きはメルマガにて。

2021年4月 7日

メルマガVol.1635、「劇的ビフォーアフター作業」

最近テレビで、劇的ビフォーアフターのように、古い建築物を自力で改修する番組が流行っています。

なかなか大変な作業ですが、手作りでそのような作業をすることは、いろんな意味で素晴らしいことだと思います。

続きはメルマガにて。

2021年4月 6日

メルマガVol.1634、「今日も出張」

今日も、真っ暗なうちからスタートで、いま現場に向かう途中です。

以前はどこへ何をしに行くのか、具体的に記載していましたが、コロナ禍で関係者にご迷惑や誤解を与えてはいけないので、いまは詳細を記載しないようにしております。

本来であれば、情報公開も、僕が大事にしているポリシーのひとつなのですが。

続きはメルマガにて。

2021年4月 4日

メルマガVol.1633、「きゅうり」

僕の注目の作物のひとつは、きゅうりです。

以前からこのメルマガでも、何度かきゅうりを取り上げました。

きゅうりは、成長が早く、なかなか手間のかかる作物です。

昨今の高齢化した小規模農家では、栽培は難しいかと思います。

続きはメルマガにて。

«メルマガVol.1632、「地域のために」