« 6月のイベントご案内 | トップページ | ポジティブリストスタート »

2006年6月 1日

日本が見直さなくてはいけないことが、たくさんありますね。

 ここのところ、景気回復のことがマスコミでは頻繁に取り上げられますが、残念ながら地方はまだまだです。 俗に言う二極分化というのは、非常に深刻な状態です。東京は確かに景気回復が見られる部分も増えているように思いますが、 そうはいっても東京は人口のたった1割です。9割は東京以外です。米国はごく数%のスーパーリッチが富のほとんどを支配しているようですが、 日本も同様になりつつあります。何でもアメリカ模倣型で進むことには大きな違和感を覚えます。
 農業の世界では、米国にて、遺伝子組み換えの技術が発達し、大豆やとうもろこしが大規模生産されています。 これに中国が追随するような流れがでてきました。好むと好まざるとに拘わらず、またもや日本パッシングです。しかし、 これは日本の農業や食の有り方を見直す最大のチャンスです。日本農業はあらためて、自立の道を確立しなければいけません。 決して簡単なことではなりあませんが、オイルショックやプラザ合意(円高)など、日本経済は絶望的と言われた危機を、 幾度となく創意工夫で乗り越えてきました。農業分野も当然にできるはずです。
 食事は本来美味しく楽しいものであり、文化です。言うまでもなく、極めて重要なものです。 でも実は農業や食がないがしろにされている面も多々有ります。このように意義深い分野チャレンジできることを、大変幸せに思います。

http://www.naturalart.co.jp

 

 

|

« 6月のイベントご案内 | トップページ | ポジティブリストスタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79359/10345918

この記事へのトラックバック一覧です: 日本が見直さなくてはいけないことが、たくさんありますね。:

« 6月のイベントご案内 | トップページ | ポジティブリストスタート »