« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月29日

日経ビジネスさん

 本日発刊の日経ビジネスさんに、当社の特集記事を掲載していただいております。よろしかったらご覧ください。

http://www.naturalart.co.jp

 

|

セールスの重要性

 昨日はパソナ農業ビジネススクールの開講式でした。そこで、このスクールの塾長であり作家である石川好先生から、 農業業界はセールスの力を高めること、あるいはセールスに対する意識を高めることが不可欠であるということを強調されていました。 石川先生のご友人であった故盛田昭夫さんは、ソニーのセールスマンであるということを徹底的に生涯貫いた方だそうです。農業分野に限らず、 モノを売るということはとても難しい作業です。しかしこの難しい売るという壁を乗り越えなければ、 どんなに良いモノを作ったところで自己満足にしか過ぎません。当然に売上にも収益にもなりません。
 良いモノを作ることは勿論重要ですが、それを顧客に理解していただき、買っていただき、そして代金をいただくという流れが全て整って、 ビジネスとして成立します。あらためてセールスの重要性を認識させられた大事なお話でした。

http://www.naturalart.co.jp

 

|

2008年2月28日

「ありがとうございます」という言葉

 今晩は、屋台でラーメンを食べました。食べ物を出してもらった時に、何気なく「ありがとうございます」といったところ、 屋台の親方が大変驚いた様子で「久しぶりに、ありがとううございますという言葉を聞いた。お客さんは伸びるよ」 と非常に強く褒めてもらいました。最近のお客さんは、金を払っているのだから当然といった雰囲気で、せいぜいあっても「ありがとう」 で終わりだそうです。ありがとうございますという人はほとんどいないそうです。
 言葉というのはちょっとした差でも、相手に伝える印象は大きく異なります。お互いが言葉を大切にすれば、 それだけでも社会はものすごく良くなるはずなのですが。言葉だけではなく、いろんな面で、 エチケットがおろそかになっているように感じることが多くなりました。

http://www.naturalart.co.jp

 

|

ヒト・モノ・カネ全ての徹底強化が必要です。

 昨日は、当社定例の試食商談会でした。まだ第二回目ですが、お陰様でかなり盛り上がりの雰囲気になってまいりました。 実際に複数の具体的商談も進み、また旧交を温める良い機会になりました。今後も、 毎月第4水曜日の夕方から定期的に当社一番町店にて開催いたします。奮ってご参加ください。また今晩は、 パソナさんの農業ビジネススクール開講式です。僕も僭越ながら講師代表でご挨拶をさせていただきます。こちらのスクールも、 どうぞ皆さんご参加ください。このような前向きイベントは、ひたすらチャレンジで良いので、楽しい時間です。
 その一方で、農業再生案件のご相談が急増しているのが大変気になるところです。勿論ここのようなことは昨年から予想はしておりましたが、 やはり現実になりました。残念ながら当社の力には限界があるので、対応困難なものも多々あります。 いずれにしても農業の再編成が加速されることは間違いありません。当社は、可及的速やかに実力を高め、 より多くの案件やより難しい案件に対処できるようにしていかなければいけないと日々責任を感じています。ヒト・モノ・ カネという基本的な経営リソースを、全てにおいて徹底的に強化していかなくてはいけません。

http://www.naturalart.co.jp

 

|

ヒト・モノ・カネ全ての強化が必要です。

 昨日は、当社定例の試食商談会でした。まだ第二回目ですが、お陰様でかなり盛り上がりの雰囲気になってまいりました。 実際に複数の具体的商談も進み、また旧交を温める良い機会になりました。今後も、 毎月第4水曜日の夕方から定期的に当社一番町店にて開催いたします。奮ってご参加ください。また今晩は、 パソナさんの農業ビジネススクール開講式です。僕も僭越ながら講師代表でご挨拶をさせていただきます。こちらのスクールも、 どうぞ皆さんご参加ください。このような前向きイベントは、ひたすらチャレンジで良いので、楽しい時間です。
 その一方で、農業再生案件のご相談が急増しているのが大変気になるところです。勿論ここのようなことは昨年から予想はしておりましたが、 やはり現実になりました。残念ながら当社の力には限界があるので、対応困難なものも多々あります。 いずれにしても農業の再編成が加速されることは間違いありません。当社は、可及的速やかに実力を高め、 より多くの案件やより難しい案件に対処できるようにしていかなければいけないと日々責任を感じています。ヒト・モノ・ カネという基本的な経営リソースを、全てにおいて徹底的に強化していかなくてはいけません。

http://www.naturalart.co.jp

 

|

2008年2月26日

株主総会ご協力御礼

 本日、当社定時株主総会が開催され、無事終了いたしました。ご協力をいただいました株主の皆様をはじめとした関係各位には、 あらためて御礼申し上げます。当社の大きな財産は、このようにご理解のある株主の皆様です。当社には強いところもありますが、 弱いところもたくさんあります。それら全てを御理解いただいた株主の方々が、新しい産業である農業にチャレンジしている当社に対し、 様々なご支援をくださっています。今日からまた新たな気持ちで、業績拡大と社会貢献という大きなテーマにチャレンジを続けてまいります。 引き続きよろしくお願い申し上げます。

http://www.naturalart.co.jp

 

|

2008年2月25日

農業マンガ「平成百姓サムライ」第五話

 大変お待たせしました。当社制作の農業マンガ「平成百姓サムライ」第五話、26日アップいたします。 当社の農業に対する思いや戦略についても言及しています。どうぞお楽しみください。

http://www.naturalart.co.jp

 

|

2008年2月23日

「第一次産業ネット」さんを応援お願いします。

 ご存知の通り、第一次産業は後継者難に苦しんでいます。人材の数も質も落ちていく産業に、未来などあるはずがありません。 その意味において、一次産業の人材ビジネスを行うことは極めて重要なことです。そんな中、株式会社Life Lab (http://www.life-lab.co.jp) さんは 「第一次産業ネット」というサイトを立ち上げ、一次産業の人材獲得に貢献しています。 当社もいろんな意味でこの活動を支援していきたいと考えています。どうぞ、みなさんんもご支援よろしくお願いします。

http://www.naturalart.co.jp

 

|

2008年2月20日

体力勝負です。

  いま福岡空港に到着し、ようやく一息ついたところです。今晩は23時30分に羽田着で、 明日明後日は早朝よりアポの連続です。週末は茨城出張です。週明けは当社株主総会です。お陰様で本当に盛りだくさんで、 気を抜いている暇がありません。今年は、日々いろんな局面で、これまでの人生の最高記録を更新している感じがします。
 基本的に精神的に負けることは少ないほうだと思うのですが、体力が落ちると弱気の虫が生まれたりします。やはり経営は体力勝負です。 体力があってはじめて、充実した気力を発揮することができます。

http://www.naturalart.co.jp

 

|

仲間の定義

 昨日より、山口におります。昨日も多くの仲間と、様々なテーマで、中味の濃い一日を過ごすことができました。 以前にも記載しましたが、当社では「仲間」という言葉を大変重要視しています。この仲間には、例えば従業員とか、取引先とか、組合員とか、 そのような形式的な峻別はありません。よって契約書の類もありません。ただただ我々の生活する世の中が、 少しでも良くなることを願っているという大義が共有できているだけのことです。
 ある記者の方から、ナチュラルアートの仲間はナチュラルアートと付き合っていることに満足をしているのか?というご質問をいただきました。 この御質問について、昨晩仲間と議論しました。ある仲間から 「我々はナチュラルアートから何か施しを受けようとして付き合っているわけではない。 みんなで力を合わせて大きな夢に向かってチャレンジしているだけだ。よって満足しているとかいないとか、そんな次元の問題ではない」 とお答えをいただきました。僕は大変嬉しくかつ心強く感じました。お金やメリット論での関係など、砂上の楼閣に過ぎないと考えています。 しかし心の関係は、何よりも強いものだと考えています。因みに鶏のK社長がそのようにおっしゃってくださいました。
 恐らく世間の皆さんからご覧になったときに、ナチュラルアートの有り様は、ユニークでわかりにくいのかもしれません。 しかし我々は奇をてらったことをしているわけではなく、むしろ世間の有り様が無意味に複雑化していると感じることが多々あります。 これからも大義を忘れず、シンプルに、仲間が力を合わせて頑張っていきたいと思います。

http://www.naturalart.co.jp

 

|

2008年2月18日

冒険家「リヤカーマン」さんを観て

 TVで冒険家「リヤカーマン」さんの番組を観ました。リヤカーで250kgの荷物を引き、 チリからアルゼンチンまでアンデス山脈越えをするという極めて過酷な内容でした。旅の理由云々ではなく、 これだけ過酷な旅をやり遂げたその姿に感動しました。体力があるとかないとか、技術があるとかないとか、そのような問題ではありません。 ただただあきらめないという精神力の凄さに驚かされるばかりです。
 経営も精神力の勝負であり、我慢比べだといつも考えています。辛いことや悩ましいことは毎日発生します。 しかしあきらめないという精神力が最も重要でしょう。どんな困難に直面しようとも、ギブアップさえしなければ、 必ず納得のいく世界に到達できると信じています。

http://www.naturalart.co.jp

 

|

2008年2月17日

外資マネー

 今日は羽田空港でミーティングを行なっていました。羽田空港は最近豪州の投資ファンドが筆頭株主になったということで、 大変な議論がなされています。外資の投資を自由化するか制限するかという議論です。 自由化派は世界マネーの日本誘致策として重要と主張しています。制限派は、安全面や有事の時の対応を理由に反対しています。 空港の専門家ではない僕には、空港施設の特殊性を考えると、本件の是非についてコメントはできません。
 しかし国内農業への外資マネー導入に関してはコメントしたいと思います。当社は、まさに外資マネーからの支援打診を頂戴しています。 日本農業の再編成と健全な発展に貢献するのが金融機関の使命であるというお話しです。僕は大変重要なご提案だと認識しています。 他産業に比して閉鎖的な国内農業の改革には、まさに黒船の力も時には必要と考えています。こんなことを記載すると、 すぐに国内農業を外人に売る気かといった、極端な反論が聞こえてきそうですが、勿論そんな視野の狭いことではありません。目的は、 あくまでも国内農業の健全な発展です。

http://www.naturalart.co.jp

   

|

農業ビジネススクール第二期

   いよいよ農業ビジネススクール第二期がスタートします。開講式は2月後半で、授業は3月からになります。
 農業業界の混迷は続いており、ますますかじ取りが難しい時代に突入しています。このような難局を乗り越え、 また新しい時代を切り開いていくためには、農業経営者の育成が急務と言われています。異業種からの参入の方も含めて、 農業経営者を一人でも多く輩出することがこのスクールの目的です。新しい産業でのある農業のパイオニアの一人として、 どうぞみなさんご参加ください。
 運営は人材派遣会社のパソナさんですから、ご興味のある方は、どうぞパソナさんのホームページをご覧ください。

http://www.naturalart.co.jp

 

|

セミナー御礼

 金曜日の幕張におけるセミナーでは、大変多くの方々に御世話になりました。この場を借りて、改めて御礼申し上げます。
 主催の方々には、お招きいただき、このようなチャンスをいただきましたことを感謝いたします。 一緒にパネルディスカッションや講演をしていただきました皆様方には、多くの勉強をさせていただきました。参加者の皆様方からは、 多くの具体的かつ情熱的なご相談やご提案を頂戴しました。
  世の中の皆様からお声をかけていただき、勉強の機会を頂戴し、またいろんな宿題をいただけることは、本当に幸せなことです。 社会の中で少しでもお役にたてる限り、微力ながら必死で頑張りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。

http://www.naturalart.co.jp

 

|

2008年2月15日

元気があれば何でもできる。

  数日ブログをお休みして、申し訳ありませんでした。実は久々に体調不良でした。僕は病は気からと考えておりますので、 自身の気合が足りなかったものと、深く反省しております。試食の関連で普段食べないようなものを食べたのですが、 そこから一気に具合が悪くなり(決して食中毒とかそのような意味ではありません)、そこに風邪か花粉症かわかりませんが合併症が生まれ、 とても重要な定例交流会も中座してしまいました。
 お陰様でいまは元気で、今日も幕張での農業イベントに参加させていただいております。「元気があれば何でもできる」 とアントニオ猪木さんがよく言われていますが、全くその通りだと思います。元気が絶対不可欠の経営リソースです。

http://www.naturalart.co.jp

 

|

2008年2月11日

イチゴ仲間大募集です。

 今年のイチゴの栽培計画を進めています。イチゴを作りたい人、イチゴ農場で働きたい人、イチゴを買いたい人、 イチゴに関わる仲間大募集です。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

http://www.naturalart.co.jp

 

|

3連休が多すぎませんか?

  今日は建国記念の日ということで、世の中はお休みのようです。当社直営店である一番町店も六素も、 いずれも平常どおりです営業中ですので、どうぞご利用ください。
 日本の祭日の扱いが変更になり3連休がやたらと増えましたが、これは国民にとって果たして良いことなのでしょうか。 豊かさから勤勉さを忘れた国が繁栄し続けた事例は、歴史的にも無かったように思いますが。自分が豊かであろうとなかろうとに関係なく、 勤勉さは必要ではないでしょうか?勿論休みが不要と言っているのではありません。勤勉さも休息も適度なバランスが重要だということです。 因みに僕のような駆け出しは、休みが欲しいなどといっている場合ではありませんね。

http://www.naturalart.co.jp

 

|

2008年2月10日

リターンのためには、相応のリスク負担が必要です。

  先週も非常に中味の濃い1週間でした。その前の週末にお伊勢参りをしてからの第1週目でしたが、ご利益(りやく) と思われる偶然の連鎖が続いており、予想以上の展開になりました。また早速に御礼参りをしなくてはと、 次回はいつお参りができるかとスケジュールを考えているところです。
 今週も大きなテーマが目白押しです。トマト・パプリカ・ネギ・畜産などの大型農場開発ミーティングが予定されております。 またファイナンスパートナーとの詰めも重要なテーマです。13日(水)には一番町店にて定例交流会、15日(金) には幕張にて農業イベントセミナー参加です。取材も続いており、一流経済誌に当社の特集が組まれるようです。
  リターンとリスクは常に表裏です。ここのところ、お陰様でビジネスチャンスや注目度も急拡大しました。 しかしその一方でリスクも相応に拡大しました。これまで以上に、会社の舵取りは難しくなってきています。これまで以上に皆様のご指導、 宜しくお願い申し上げます。

http://www.naturalart.co.jp

 

|

2008年2月 8日

時代の大きな変わり目だと思います。

 最近の当社の状況は、もはや一民間企業という感じではなくなってきたように感じます。 決して浮足立って言っているわけではありません。
 背景には、食問題、農業問題、環境問題、国際問題といった社会問題レベルのものが、あまりにも大きく、 あまりにも複雑に絡み合っているからのようです。社会全体がこれらを何とかしようと、 明らかに時代の大きな変わり目に直面しているのだと思います。本業の事業パートナーさんからは勿論のこと、 金融機関さんやマスコミさんからの要請も急増しています。新しい産業や時代を作るということは、生半可なことではありません。 普通に考えれば不可能なことでしょう。しかし僕は不可能とは考えていません。何故なら多くの仲間が急増しているからです。 当社が5年前に創業した時には、理解者はほんの僅かでした。いまでもまだちっぽけな会社ですが、ゼロからここまできたことを考えれば、 この先も無限大の可能性があると信じています。
 当社は民間会社として、浮利を追わず適切な利潤を追求し、持続可能な経営を達成することで社会に貢献していきたいと考えています。 そのためには、是非皆様のお力を貸してください。

http://www.naturalart.co.jp

 

|

2008年2月 4日

モラルハザード

  ここしばらく続く食品業界の問題は、モラルハザード(倫理観の欠如、崩壊)が最大の要因だと感じています。倫理とは、 ルールがどうとか、商売としての儲けがどうとか、そんなことよりもはるかに重要な概念であると僕は考えています。しかしながら、 昨今の食品業界をはじめとしたビジネス界は、事実上は半ばモラルハザードが前提になっているように感じます。 この根源的な問題を取り除かずして、いくらテクニカルな議論をしたところで、問題解決にはなりません。 いつまでたってもイタチごっこから脱却できません。
 僕は決して、特別キレイごとを言うつもりはありませんし、そのような立派な人間でもありません。 しかし昨今の状況はあまりにも目に余るように感じています。僕が倫理などということは、本当におこがましいとも思っていますが、 しかしながらそんな僕でも言わざるを得ないぐらい危険な状況です。いまなら、みんなで力を合わせれば、まだまだ改善できるのです。

http://www.naturalart.co.jp

 

|

節分のお伊勢参り

  昨日の節分は、関係者13名で伊勢神宮の公式参拝を行ってきました。日の出前の早朝に現地到着しましたが、 珍しく前夜から雪が降り、またお参りの頃には雨に変わるという、かなり厳しいコンディションの中でしたが、 それ故にこそ一層に素晴らしいお伊勢参りでした。数年前これに近いコンディションの中、五十鈴川で深夜に禊(みそぎ) を行ったことがあります。気温マイナス1度の中、冷たい川で禊を行うことは、大変勇気のいることでしたが、 その後の精神的な充実度は計り知れないものがありました。
  TVで言われていたのですが、節分に雪が降るとその年は豊作になるそうです。とても幸先の良いスタートになったようです。 個人的にも完全に厄が明けました。新たな気持ちで、ひたむきにチャレンジを続けたいと思います。

http://www.naturalart.co.jp

 

|

2008年2月 1日

「農業再生」から「新産業である農業の構築」へ。

  最近、当社にお越しいただく方々のトーンが、明らかに変わってきました。これまでは、 一企業であるナチュラルアートを応援するから一緒にという感じでした。最近は、一緒に新しい産業としての「農業」 を構築していこうというものになってきました。このような現象は、 このままでは日本の農業が本当に崩壊してしまうという危機感が進行しているからに他なりません。産業革命は歴史の必然であり、 そのような流れの一翼を担う可能性があることは、大変光栄であるとともに責任の重大さも痛感しております。 果たして当社がそのような重責を全うできるかは未知数です。しかしながら当社には、最善を尽くすという意思と、 素晴らしいパートナー企業という、二つの大きな財産があります。当社は農業業界のリーディングカンパニーを目指すものであり、 また農業は日本のリーディングインダストリーを目指すべきです。
 これまでは「農業再生」というキーワードで動いてまいりましたが、それよりも大きく深い概念として「新産業である農業の構築」 を念頭に頑張ってまいります。

http://www.naturalart.co.jp

 

|

素晴らしいNPO・NGOの皆さんをご紹介いたします。

  昨日NPO構想日本(http://www.kosonippon.org) さん主催のパネルディスカッションにパネラーとしてお招きいただきました。その中で、 僕がこれまで知らなかったNPOやNGOの素晴らしい方々とご一緒することができ、大変感動いたしました。 いずれも社会正義に基づいた素晴らしい活動です。微力ながら僕も応援したいと考えておりますので、皆さんも是非よろしくお願いします。 一般の方々の寄付や参加によって、団体は運営されているそうです。余計なことかもしれませんが、税金対策になるものもあるそうです。どうぞ、 下記のホームページをご覧いただき、ご参加ください。

①ジェン(http://www.jen-npo.org/): 世界中の難民や避難民の支援をなさっています。

②どんまい福祉工房(http://www.donmaikoubo.org/): 障害者の自立支援をなさっています。

③シブヤ大学(http://www.shibuya-univ.net/): 生涯学習の教育システムをなさっています。

http://www.naturalart.co.jp

 

|

餃子そのものが悪いわけではありません。

  一連の餃子報道で、餃子そのものが悪者になりかけているように感じます。これが風評被害です。しかし言うまでもなく、 餃子そのものが悪いわけではありません。真面目なメーカーさんは、たくさん存在します。当社では株式会社ヨコミゾ(http://www.e-yokomizo.com/)さんという、 国内で化学添加物なしで真面目に餃子・シュウマイづくりをされている会社さんと事業提携関係にあります。このようなややこしい状況の時こそ、 我々は良いものと悪いものとを自分の目で見極める能力をつける必要があります。マスコミや世の中のムードに流されないように。

http://www.naturalart.co.jp

 

 

|

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »