フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

« 本日3月6日は弊社創業記念日です。 | トップページ | 農業ビジネススクール 益々充実しております。 »

2011年3月 7日

闘魂&王道

 闘魂と王道という言葉は、僕が特に大事にしているものです。
 闘魂は、アントニオ猪木さんの代名詞です。
 王道は、ジャイアント馬場さんの代名詞です。
 いずれもプロレスラーです。

 昨日日曜日、久しぶりに後楽園ホールで、全日本プロレス観戦をしてきました。
 以前からプロレスラーのお友達がいるので、たまに観戦に行っておりました。

 プロレスは野蛮だとか、ショーだとか、様々な瑣末な議論もありますが、誰が何と言おうと僕はプロレスファンです。
 古くはローマ帝国時代から(ひょっとしたらもっと古くから)、男達が勇気や力をぶつけ合う闘う儀式は、洋の東西を問わず、1000年以上も続いているものです。
 そのような儀式に、自らが進んでチャンレンジをしていることに対して、外野がとやかく否定的なことを言うべきではないと考えています。

 昨日特に印象深かったのは、鈴木みのる選手というとっても強いレスラーに、若手のKAI選手が、殴られても蹴られても、最後まで涙を流しながら挑んでいった試合でした。
 公衆の面前で、あれほどボコボコにされながらも、それでも相手の足にすがりついてでも、試合を止めようとしないKAI選手の姿勢に大きく感動しました。
 一緒にいった僕の息子の顔を見たら、試合を凝視しながらも、涙を流していました。

 テーマは何でも良いと思います。
 自分自身が、死ぬほど本気で挑戦していくことは、本当に素晴らしいことだと思います。
 このような生き様を見て、まだまだ自分自身の気合が足りないと、反省してきました。

http://www.naturalart.co.jp

 

« 本日3月6日は弊社創業記念日です。 | トップページ | 農業ビジネススクール 益々充実しております。 »