フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

« 食料の安定供給という使命に立って。 | トップページ | 被災地からの情報 追伸です。 »

2011年3月17日

仙台市内の状況です。

仙台の友人からのメールです。
みんな必死で頑張っています。

ご配慮いつもありがとうございます。

昨日から電気、水道が使えるようになり、生活水準が大幅に改善いたしました。

不足はありますが、こういう環境ですので、まず、足りていると思います。

ごはん、カップメン、パンはありますが、肉、魚、野菜、果物など生鮮食料品全般が不足しています。

スーパーさんには、開店していれば長蛇の列です。入場制限もしています。

(これは、市内全域と思います)

東京でも品薄とのことですので、沈静化には時間を要すると思います。

報道されていませんが、国分町では、おにぎり1個500円というのも出ているようです。

今後こうした例は増えると思います。

また、水道のない地域では、さらに事態は深刻です。

缶詰や、真空パックの商品など簡単に調理できるものが必要になります。

明日で1週間になり、各家庭での食品在庫を使い切る状態になると思います。

これからが、本当の正念場です。

« 食料の安定供給という使命に立って。 | トップページ | 被災地からの情報 追伸です。 »