フォト
2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

« 皆さんの声を政府に届けましょう。 | トップページ | 震災後の高度経済成長にチャレンジです。 »

2011年3月29日

首都圏は節燃料を

 今日の日経新聞1面トップ記事の見出しは「幹線物流網ほぼ復旧」というものでした。
 この記事は、一面正しいのですが、その反面も理解する必要があります。 

 ハードとしての高速道路は開通したかもしれません。
 東京をはじめとした首都圏や一部の大手企業には、燃料もいきわたり、機能が回復したかもしれません。
 しかし、地方では全くと言って良いほど燃料調達はできていません。
 被災者の日常生活も商売も、燃料がなければ復興などできません。
 
 東京の方々は、車がなくても電車やバスなど、公共交通機関がかなり充実しています。
 地方の方々は、車がなければ、基本的な生活が成り立ちません。

 東京や首都圏の燃料を節約して、地方に厚く燃料供給をすべきだと思います。
 一昨日まで、僕も岩手・宮城におりましたが、燃料調達はかなり厳しい状況であることを、目の当たりにしました。
 
 燃料がなければモノや人の移動はできません。
 ただでさえ震災で追い込まれた方々が、刻々と厳しい状況に追い込まれています。
 ただちに、燃料問題を改善する必要があります。
 
 節電によって、電力供給はやや持ち直し、計画停電も回避できる状況になってきました。
 燃料も、首都圏で節約する機運を高め、その分をただちに地方に振り分けてもらいたいと思います。

http://www.naturlart.co.jp

« 皆さんの声を政府に届けましょう。 | トップページ | 震災後の高度経済成長にチャレンジです。 »