フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 群馬・福島・宮城の皆さんと、連日戦略会議です。 | トップページ | 今夏は、史上最大の東北三大祭りにしてはいかがでしょうか。 »

2011年4月 2日

いまこそ「経済(経世済民)」です。史上最大のお花見にしてはどうでしょうか。

 いまこそ、「経済」を重視しなければいけません。
 緊急時の支援は重要ですが、支援だけでは未来は見えてきません。
 未来を切り拓くのは「経済」です。

 「経済」という言葉は、福沢諭吉先生が、エコノミーを「経世済民」と訳し、そこから生まれた言葉です。
 「経世済民」とは、世の中を治めて、民を救うという意味です。
 本来の「経済」は、そういう意味です。
 
 平和な時代は、経済という言葉の本質から逸脱し、マネーゲームや競争原理ばかりが横行していました。
 しかし、この震災を契機として、本来のあるべき経済システムを構築することが不可欠です。

 経済は、明るい未来への必須条件です。

 桜の季節がやってきました。
 ゴールデンウィークまで、東北の桜は見頃です。
 仮に1,000万人の方々が、東北の花見にお出かけしていただければ、莫大な経済効果であり、復興の起爆剤になるでしょう。
 交通費や食費などで、一人平均1万円の消費をすると、単純計算で1,000億円の経済効果です。
 史上最大の震災に負けないよう、史上最大のお花見で盛り上げてはいかがでしょうか? 

 自粛や義援金の寄付ではなく、これからは経済重視です。
 経済は生き物ですから、良い循環は、めぐりめぐって地域や全国に波及します。

 震災まで、そもそも日本の景気は今一歩でした。
 この震災を起爆剤に、たくさんの特需を創出し、東北経済が復活をし、日本経済全体を牽引していくぐらいのビジョンが必要です。

 その中で、極めて重要な条件は、「ただちに」対応すべきということです。
 ただちに、アクティブな経済活動にギアチェンジをしないと、阪神大震災でも学んだように、海外や様々な事情に置き換えらえ、手遅れになってしまいます。


http://www.naturalart.co.jp


« 群馬・福島・宮城の皆さんと、連日戦略会議です。 | トップページ | 今夏は、史上最大の東北三大祭りにしてはいかがでしょうか。 »