« メルマガVol.633、「トランプ大統領誕生」 | トップページ | 今日も新幹線車中 »

2017年1月23日

メルマガVol634 「個性的農業経営」

メルマガVol.634、「個性的農業経営」

国内農業はまた大きな転換点を迎えます。
振り返ると。
戦後壊滅的となった日本。
そんな中、農地改革によって乱立する小規模多数農家が、農協を中心にした新たな秩序の下、農業生産やその分配機能を構築してきました。
そして、日本が急成長を遂げるのに応じて、国内農業も産業として発展しました。
今でこそ、農業は儲からないとよく言われますが(それも必ずしも正しくはありませんが)、昭和の時代の農業は、農家の生計を維持し、また相応の利益をもたらしました。
それが平成以降、とりわけバブル崩壊以降この20~30年で、農業は儲からないと盛んに言われるようになりました。
異常に肥大化する流通バイイングパワーによる農作物価格低迷、海外農作物との競争激化、担い手不足による高齢化、ますます深刻度を増す天候異常、国内における農業という産業の地位の低下、等々。
様々な要因が複雑に絡み合い、国内農業は、少なくとも統計上では衰退の一途をたどっています。

続きはメルマガにて。

|

« メルマガVol.633、「トランプ大統領誕生」 | トップページ | 今日も新幹線車中 »