フォト
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »

2022年8月

2022年8月29日

メルマガVol.1982、「シェーレ」

ドイツ語の「シェーレ」という言葉をご存知でしょうか?

「ハサミ」を意味するそうです。

恥ずかしながら、僕はまったく意識していない(忘れてしまっていたのか?)言葉でした。

しかし、その言葉自体はともかく、その本質的な意味に関しては、何度も繰り返し述べてきました。

続きはメルマガにて。

 

2022年8月24日

メルマガVol.1981、「たんぱく質不足」

猛暑の夏を越え、体力が落ちている方々が少なくないかもしれません。

くれぐれも体調管理にはお気をつけください。

健康リスクとして、世界的に、たんぱく質不足が、非常に大きな問題になっています。

とりわけ途上国においては。

日本人の多くも、実はたんぱく質不足です。

日本は先進国なのか?途上国なのか?

日本の場合、ダイエット、偏食、経済的事由、理由は様々ですが。


続きはメルマガにて。

 

メルマガVol.1980、「国内水産業動向」

国内水産業の危機も、ますます深刻です。

乱獲、温暖化、国際競争、養殖の遅れ、あるいは消費者動向の変化など、様々な問題が複雑に絡み合っています。

海外では成長産業である水産業が、日本では衰退産業になってしまっています。

続きはメルマガにて。

2022年8月23日

メルマガVol.1979、「NEWSポストセブン」

ネットに紹介されている、「NEWSポストセブン」の記事。

環境問題に関して、刺激的な内容が連載されています。

刺激的ではありますが、それはフィクションではなく、実際に世界で起きていることです。

GHG(地球温暖化ガス)の削減は、毎日、世界中が考えなければいけないテーマです。

続きはメルマガにて。

 

メルマガVol.1977、「地産地消」

日本全体の食料自給率(カロリーベース)は、3738%ですが。

都道府県ごとに食料自給率は大きく異なります。

北海道は200%超で日本一ですが、東京は0%、大阪1%、神奈川2%です。

続きはメルマガにて。

メルマガVol.1978、「高温障害」

高温障害は、農家の大敵です。

高温障害は、夏だけではありません。

地球温暖化で、一年中の課題となってしまいました。

続きはメルマガにて。

2022年8月22日

メルマガVol.1976、「GHG削減」

地球温暖化ガス、GHGGreen House Gas)。

GHGを削減しなければならないのは、もはや議論の余地がありません。

すべての産業において、そのような取り組みが必要です。

もちろん、国内一次産業においても。

続きはメルマガにて。

 

メルマガVol.1975、「脱グローバル化」

世界中で、脱グローバル化が進んでいます。

ほんの数年前までは、ひたすらグローバル化に向かった世界が・・・。

好き嫌いや良し悪しは別にして、いまの世界は、短期的に劇的に状況が変化することがあります。

続きはメルマガにて。

メルマガVol.1974、「外資の山林買収」

農業の重要性とともに、林業の重要性に関しても、ようやく注目されてきています。

農業と林業の融合に関しても、重要なテーマです。

日本は国土の7割以上が山林です。

それは、本来は素晴らしい資源です。

しかしその山林は、半ば放置され続き、崩壊の危機に瀕しています。

続きはメルマガにて。

 

 

メルマガVol.1973、「天敵」

獣害を防ぐことや、有機栽培を普及させるためには、食物連鎖や天敵に関して、もっともっと学ぶ必要があります。

本来は、自然の生態系が、何億年もの間、地球環境の調和を図ってくれていました。

しかし産業革命以降、人間の都合で自然の生態系を破壊し、それは結果として人間を苦しめることになっています。

農業における獣害も、そのようなことです。

決して、野生生物が勝手に狂暴化したわけではありません。

 

続きはメルマガにて。

2022年8月18日

メルマガVol.1972、「独立自尊」

今日も、多くの仲間や、多くの諸先輩方と、打ち合わせを行いました。

この2年半のコロナ禍において、いまが景気的にもっとも厳しいという意見が大勢でした。

なんでこうなるの?

もちろん、ロシア問題の影響も大きいでしょうが、原因はそれだけではありません。

日本の構造に、根本的に問題があるのでしょう。

2022年8月13日

メルマガVol.1971、「群馬出張」

本日も群馬出張です。

群馬県は、過去10年程度の農業成長率が日本一と言われています。

それは偶然ではなく、日々の取り組みが非常に積極的だからでしょう。

続きはメルマガにて。

2022年8月12日

メルマガVol.1970、「青果物価格3割アップ」

また、非情な天候被害が相次いでいます。

僕の故郷にある津軽地方では、日本最大のりんご畑が、深刻な浸水被害です。

僕も長年お世話になっている、山形県のアスパラ畑も大変な状況です。

北海道では、不気味な震度5クラスの地震が続いています。

各地では、酷暑も続いています。

この先は、また台風がやってくるでしょう。

続きはメルマガにて。

2022年8月 9日

メルマガVol.1969「不景気」

不景気の入り口は、価格が安くなるデフレの進行で、相応に消費が活発化されます。

しかし不景気が長引くと、だんだんモノが売れなくなり、供給サイドにはコストアップ等様々な問題が発生し、デフレがインフレに変わっていきます。

物価が高くなると、消費はますます低迷し、不景気は深刻化します。

不景気とインフレが同時進行する、最悪の状態を、スタグフレーションと言います。

まさに、いまの日本がそれに当てはまります。

続きはメルマガにて。

2022年8月 6日

メルマガVol.1968、「交流会延期」

コロナ感染者数がまだ拡大しています。

昨日の東京の感染者数は37,767人でした。

熟慮の結果、8月26日(金)に開催を予定しておりました交流会ですが、今回は延期にすることと致しました。

次回の交流会開催日については、改めて別途ご案内いたします。

状況次第ですが、9月中には開催したいと考えおります。

暑い日が続きますが、くれぐれもご体調にはお気を付けください。

 

2022年8月 4日

メルマガVol.1967、「田圃から発生するメタンガス」

地球温暖化ガス(GHG)は3種類あります。

CH4(メタンガス)、N2O、そしてCO2

実は、日本が誇る田圃から、大量のCH4が発生しています。

もちろん、それは日本のみならず、アジア全域に広がる田圃からも出ています。

地球のことを考えれば、これをなんとか抑制しなければいけません。

続きはメルマガにて。

« 2022年7月 | トップページ | 2022年9月 »