フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »

2022年11月

2022年11月30日

メルマガVol.2028、「改正食品衛生法」

昨日も業務都合で、道の駅をまわっておりましたが。

道の駅で、僕がとくに好きな商品は、地元の方の手作り漬物です。

しかし、そんな魅力的商品が、姿を消してしまうかもしれません。

続きはメルマガにて。

2022年11月28日

メルマガVol.2026、「生物多様性」

生物多様性の危機に関しても、以前から大きな問題になっています。

古くはおよそ60年前、レイチェルカーソンが「沈黙の春(Silent Spring)」で警鐘を鳴らしました。

日本では、有吉佐和子「複合汚染」などでも取り上げられました。

最近では、デイブグールソン「サイレントアース」が話題になっています。

続きはメルマガにて。

メルマガVol.2027、「NHKスペシャル」

昨晩の「NHKスペシャル」、ご覧になった方も多いかと思いますが。

タイトルは、「混迷の世紀 第4回 世界フードショック~揺らぐ『食』の秩序~」

続きはメルマガにて。

2022年11月22日

メルマガVol.2025、「卵」

今年は、鳥インフルエンザの猛威が、例年ではありえない状況になっています。

例年以上に早く、10月に第一号が発生しました。

その後、矢継ぎ早に各地で発生しています。

おそらく、観測史上最悪という状況になっていくでしょう。

続きはメルマガにて。

2022年11月21日

メルマガVol.2024、「セミナーのご案内(再送)」

僕が日頃お世話になっている「日本ヘルスケア協会」さんが、「プラネタリーヘルスケアフォーラム」を開催されます。

日本の食や農業にとってとても大事な、骨太の内容かと思います。

いよいよ今週木曜日になりましたので、ご案内を再送いたします。

セミナー参加費は無料です。

会場とオンラインの、いずれかでのご参加が可能です。

メルマガVol.2023、「アガヴェ」

温暖化が進む昨今。

酷暑の日本でも、栽培可能な作物ななにか?と、よく質問されます。

いろんな選択肢があるかとは思いますが。

続きはメルマガにて。

メルマガVol.2022、「戦略戦術」

ここのところ、バタバタが続き、メルマガの間隔が空いてしまい、申し訳ありませんでした。

気象変動・物価高騰・経済停滞・コロナ感染者数再拡大・ロシア問題・政治不信、及び脱炭素化など、目まぐるしく変化する環境の中で、自身の力不足を痛感しながら、歯を食いしばって駆けずり回っておりました。

多くの方々にとっても、先の見通しが難しい環境になっていることでしょう。
そんな中で、似通った質問をいただく機会が増えました。
そのあたりのやりとりに関して、改めてまとめてご紹介したいと思います。

続きはメルマガにて。

2022年11月11日

メルマガVol.2021、「徳島次世代農業サミット」

コロナ感染者数が、また急増しています。

専門家によると、このままのペースでいくと、あと2週間で、過去最多の感染者数になる可能性があるということです。

くれぐれもお気をつけください。

さて昨日まで徳島におりました。

「徳島次世代農業サミット」にて、基調講演等で参加をするためです。

気力と能力の伴った農業者の方々と、たくさんのお話ができましたことは、僕にとってもとても有意義な時間でした。

続きはメルマガにて。

徳島新聞さん お世話になりました。

一昨日、徳島新聞さんに記事を取り上げていただきました。

大変お世話になりました。

徳島次世代農業サミット及び僕の講演に関する内容でした。

2022年11月 7日

明日8日、徳島農業サミット

明日8日(火)。

徳島農業サミットの基調講演で、徳島に伺います。

よろしくお願い申し上げます。

メルマガVol.2020、「コンフューザー(交信かく乱性フェロモン剤)」

先日、千鳥ヶ淵(皇居周辺の桜の名所)を通りましたところ。

桜の木に、たくさんのコンフューザー(交信かく乱性フェロモン剤)が吊るされていました。

おそらくS社さんの。

桜の木は老木が多く、また最近は害虫被害も酷いということで、その対策のためでしょう。

一般化学農薬ではなく、このような取り組みを進めることは、よろしいかと思います。

続きはメルマガにて。

 

メルマガVol.2019、「一次産業の温室効果ガス吸収機能」

世界の農業のあり方が、大きく変わろうとしています。

というよりも、変わらざるを得ません。

気候変動対策が、地球規模で不可避だからです。

続きはメルマガにて。

 

« 2022年10月 | トップページ | 2022年12月 »