フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月

2023年12月30日

メルマガVol.2134、令和5年12月30日(土)、「年末ご挨拶」

今年も1年間大変お世話になりました。

心より御礼申し上げます。

 

毎年この時期になると、今年ももう終わりかと、反省ばかりが湧き上がってきます。

力不足で、自身の考えている到達点に、まだまだ程遠い状況です。

来年は、お世話になった皆様方に、真に喜んでいただけるよう、肝に銘じております。

 

今年は、約3年間のコロナ禍における窮屈な状況からようやく脱し、移動制限等が解除されました。

僕自身、やっと各地での活動が可能になり、必死で事業を再開しまた種まきを進めました。

2024年は、収穫の年にするのみです。

 

昨日1229日まで、今年最後の出張で、五日間モンゴルにおりました。

10数年ぶりに訪問したモンゴルは、目を見張るような発展を遂げていました。

中心地だけで見れば、先進諸国とそん色がなくなってきています。

但し、そのような経済発展の一方で、農業が衰退し、食料安全保障の危機がささやかれています。

農業の衰退とともに、多くの食品を隣国中国・ロシアに極端に依存していることが、大きな問題になっています。

日本で戦後数十年の間に起きた現象が、モンゴルではこの10年で生じたようです。

そこで、大統領令による5か年計画において、農業を徹底強化し、食料安全保障を確保することが国策となっています。

また農業強化に伴って、脱炭素化も進める方針です。

そのような流れで、モンゴルから協力要請があり、今回の訪問になりました。

人口350万人と小さな国家ですから、明確なリーダーシップによって、充分にやり遂げられるテーマと信じ、微力ながら精一杯の汗をかくことをお約束してきました。

日本の今後の取り組みにも、有効なモデル事業になると考えています。

このような機会を得たことを、大変ありがたく思います。

 

2024年は、もちろんモンゴルだけのことではなく、これまでの日本の活動を中心に、自身の集大成をしなければいけないと考えています。

国内農業は、風前の灯火と言っても過言ではありません。

脱炭素化への取り組みも、緒に就いたばかりで、これを徹底しなければ、火は消えてしまうでしょう。

これまで学んだことを、これまで種を撒いたことを、しっかりまとめ上げ収穫する年といたします。

そして、これまでお世話になった皆様方に、喜んでいただけるようにしなければなりません。

 

何卒来年もご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

どうぞ良いお年をお迎えください。

2023年12月15日

メルマガVol.2133、「ティッピングポイント」

ティッピングポイントとは、小さな変化が急激な変化に変わってしまう転換点のことです。

臨界点とも言われます。

今年、世界の気温は、観測史上最高を記録しました。

今年の夏の暑さや自然災害は、まさにティッピングポイントであったかもしれません。

もしそうだとすると、今後は、加速度的に、幾何級数的に、事態は悪化していく可能性があります。

続きはメルマガにて。

 

メルマガVol.2132、「高付加価値農作物への転換」

気が付いたら、今年もあと2週間になってしまいました。

僕自身、この1~2か月は、とくにバタバタしっぱなしでした。

このメルマガも、前号より間隔が開いてしまい、申し訳ありませんでした。

やはり、農業業界が大きな転換点を迎えています。

農業業界各所から悲鳴があがっています。

撤退・廃業や、M&A(会社売却)のお話しもたくさんありました。

役所の方々など、これまでと異なる役割やご意見の方々と、お会いする機会も増えてきました。

続きはメルマガにて。

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »